絵画

ミケランジェロブアナロッティのレリーフ「階段のそばのマドンナ」の描写

ミケランジェロブアナロッティのレリーフ「階段のそばのマドンナ」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ミケランジェロは、才能のある彫刻の作成から旅を始めました。私たちの前には彼の最初の作品があり、彼は16歳で大理石から巧みに彫りました。それからすでに、これは真のマスターの創造であることが理解できます。彫刻家は彼自身をこの芸術形式にもたらします。画像の驚くべき可塑性。テーマは何度も使用されましたが、ミケランジェロではそれは真剣に解釈されます。

アーティストは、細部の微妙なニュアンスで、安堵感を抑えています。私たちの前には赤ん坊を抱きしめているマドンナがいます。階段のそばに女性が座っているため、そう呼ばれています。

救済は3つの計画で構成されています。それらはすべて細かく分割されています。これにより、マスターの作品は、最高の絵の美しさを獲得します。ミケランジェロは、彼の才能ある彫刻が絵画に関連しているという事実を意図的に強調しているようです。それはよく知られた事実です-未来のマスターはアーティストと正確に勉強しました。未来の画家は、なぜかそのような彫刻から始めます。

伝統から遠ざかっているイメージが見えます。赤ちゃんとマドンナはドラマと信じられないほどの力で満たされています。ミケランジェロの当時、彼らのイメージのそのような解釈は並外れたものでした。

聖母はこの表現力豊かな安堵の主な場所に属しています。彼女は真面目で雄大です。彼女は集中しています。全体像に響くヒロイズムのノートを感じることができます。彼女の力強い脚と腕は、優雅な服のひだとはっきりと対照的です。ミケランジェロはコンパクトな構成を見つけることができました。彼は形や大きさの異なるボリュームを巧みに比較しています。形状は正しく構築されており、描画は非常に正確です。すべてのパーツは細かく細工されています。未来マスターの手がすべてに感じられます。

ミケランジェロの作品は外部的には穏やかですが、同時に内部的には満たされています。見る人は、生命とそのリズムをはっきりと感じます。私たちはマドンナがこの瞬間に経験していると感じています。彼女は息子を待つ未来の重さを量ります。

この創造の壮大さは本当に印象的です。





アイバゾフスキーの作成