絵画

ラファエルサンティ「アテネスクール」のフレスコ画の説明

ラファエルサンティ「アテネスクール」のフレスコ画の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ラファエルサンティ(1483〜1520)-イタリアの偉大な画家およびグラフィックアーティスト。
アテネ学校のフレスコ画は、バチカンの教皇宮殿の4つのフレスコ画の1つであり、高ルネサンス期に偉大なラファエルによって描かれました。ラインの洗練と滑らかさ、丸みを帯びた輪郭、複雑なポーズ、カメラアングル、リズミカルにバランスの取れた構成の公式は、偉大なマスターの作品のフレスコ画で互いに組み合わされています。

人間の地上の活動、宮殿の壮大な建築の背景に対する肉体と精神的な内容の調和、完璧なリズムとプロポーション。ウンブリア絵画学校の25歳の代表者が、初期ルネサンスの原則を優勢にして、このようなグローバルな仕事を実行できたとは信じがたいことです。ラファエルサンティは彼のフレスコ画で、ディオゲネス、ヘラクレイトス、エピクロスからプラトンとソクラテスの学生に至るまで、当時知られているすべての哲学者や思想家を団結させました。合計で、50以上の人物がフレスコ画に描かれています。タイタンの個性、ルネサンスの世界観によると、神に等しい個性。

「アテネの学校」のプロトタイプは、紀元前IV世紀にプラトンがアテネで作成したアカデミーでした。 e。学生たちがオリーブ畑で野外討論会を開きました。
風通しの良い、光の建築を備えた美しく古代の寺院で、人間に打ち勝つ真実と、哲学者の頭上のアーチ型の丸天井のシステムに見える明るい青空が生まれます。
「真実は論争から生まれた」と古代ギリシャの哲学者ソクラテスは言った。
フレスコ画の哲学者たちも主張しているが、勝者はいない。彼の壁画ラファエルサンティには、さまざまな個人の人間の意見と個々の哲学的運動が結びついて描かれています。

アテネの学校は、芸術家サンティが子孫のために残した真の遺産であり、正しくて本格的な人間の活動を指導的に示しています。





トロピニンプーシキンの肖像


ビデオを見る: 営業の極意メンタル編ラファエル (十一月 2022).