絵画

ラファエルサンティの絵画「テントのマドンナ」の説明

ラファエルサンティの絵画「テントのマドンナ」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イタリアの有名な芸術家ラファエルは、1514年に彼の絵画「赤ちゃんとテントの中でのマドンナと洗礼者リトルジョン」をローマで作成しました。ルネッサンスの巨人がフレスコ画を中心に制作した作品は、成熟した時期でした。ラファエルのキャンバスは、聖母と赤ん坊のキリストがいるテントのためにそのような名前を受け取りました。絵は生き生きと明るく暖かい色で作られています。

マドンナの顔は思慮深く美しく、優しさ、思いやり、愛情を込めて息子を見つめています。彼女の全体の姿は完璧でありながら、地上の捕虜に満ちています。この写真では、彼女は新生児のキリストを崇拝し、最も深い母親の愛で彼を見つめています。リトルキリストは母親に手を取り、背を向け、バプテスマのヨハネを彼の後ろに感じました。芸術家はマドンナのローブを伝統的な赤い色で描きました。

イエスの後ろには、洗礼者ヨハネが喜びと喜びをもって見る人に現れ、神の母を賞賛します。微妙なマントルと配色は、ベネチアの絵画の影響を示す虹色の色合いで構成されています。額縁を見ている視聴者は、絵の中の登場人物の優雅な動きを感じ、作品に特別な調和をもたらします。

ラファエルは当然マドンナの主人と見なされました。彼はいつも、母性が女性の生活の中であり得る最も重要なものであると信じていました。彼の絵「洗礼者と赤ちゃんと一緒のテントのマドンナ」で、彼は母性とすべての親切で幸せで感動的な母親に歌を歌っています。

この写真のマドンナは、世界を完璧にするために作成された、女性らしさ、美しさ、良さの女神です。人間の心を柔らかくすることにより、彼は人々に霊的な調和を与え、神の原理を発展させます。

現在、絵画は古いピナコテークのミュンヘンにあります。





最後の晩餐レオナルドダヴィンチの絵Description


ビデオを見る: 679+676 虚構のルネッサンスラファエロダビンチミケランジェロ (十一月 2022).