絵画

ピータールーベンスの絵画「城壁」の説明

ピータールーベンスの絵画「城壁」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1635年にフランダースの偉大な画家ルーベンスが城壁を買収した後、ステノバと呼ばれる画家の作品に新しい時代が始まりました。 「Castle Walls」の絵は、芸術家の作品におけるこの時期を示しています。

城を歩き回り、絵のように美しい環境にインスピレーションを得て、ルーベンスは風景画に焦点を当てています。ルーベンスのお気に入りの風景は、彼が農民を描いたキャンバスでした-肉体労働を愛する強くて健康な人々。写真は、フランダースの芸術家が働く人々を深い敬意を持って扱っていることを示しています。

彼が田舎の貴族のように感じた有名な壁の城は、左の絵に描かれています-それは今日まで生き残っています。ルーベンスはフランダースの風景を愛情を込めて描きました。その風景は常に彼のキャンバスに非常にカラフルで変化に富んでいることが判明しました。写真の太陽は東に昇るので、朝の時間が描かれていると結論付けることができます。手前にある黄色い植物は、作家が秋を描いたことを物語っている。

ルーベンスは恐れをもって自然を愛し、フランダースの単調で鈍い風景を明るくカラフルにして、新鮮さと光を加えることができました。フランドルの画家は彼の故郷の真の愛国者でした。

絵画「城壁」では、ルーベンスは地平線、広大な広がり、丘、村のある谷、羊飼いのいる牛の群れを巧みに描きました。

古典主義者とは異なり、ルーベンスは自然と全世界のダイナミクス、彼の故郷の美しさと魅力を伝えます。

絵は熱意を持って書かれており、それは本質的に個人的なものであり、シーンは強く感じられます。キャンバスは、創造的なエネルギーと情熱を備えた自信のある正確なストロークで作られています。映像が光り輝きを感じている。写真は楽観的な気持ちと熱狂的な視聴者にいる喜びを呼び起こします。





プッサンの写真


ビデオを見る: 怖い絵楽しく解説美術講座美しき若き女王の弄ばれた運命 (十一月 2022).