絵画

コンスタンティン・ソモフの絵画「虹のある風景」の解説

コンスタンティン・ソモフの絵画「虹のある風景」の解説



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ウィキペディアでは、このアーティストに関する少しの情報が収集されています。原則として、彼は私たちには全く知られていない。そして主に彼がソビエト連邦を去りそして西に住んでいたという事実のために。彼は多くの仕事をしました、彼はたくさんの絵を持っています、それらは現在ロシアのサザビーズのオークションでまともなお金で見積もられています。しかし、同時に彼はトレチャコフ美術館に何度も展示しましたが、これは革命の前でした。そして革命前のロシアでは、彼は非常に人気がありました。

私たちの前に、一見同じテーマを描いた2つのキャンバスがあります。「虹のある風景」です。しかし、それらには同じものがあります。上部のキャンバスは1915年に作成されたため、なんらかのロマンティシズム、さらには村の生活の商人の性質を吹き込んでいます。花壇が咲き誇り、よじ登り植物の「壁」がある公園を見ることができます。そして、開拓地では、牛は自由に歩き回ります。

蒸し暑い夏は時々人だけでなく牛も疲れさせるので、雨天は彼らにとって喜びにすぎません。そして女の子がアーチに隠れました。しかし、嵐はすでに過ぎており、太陽は雲の後ろから出てきたため、暗い背景に虹が形成されました。

1919年に書かれた2番目のキャンバスでは、ほとんどすべてが同じです。同じ雷雨ですが、動物はいません。しかし、今ではすでに2人の女性が子供を抱えており、樹冠の下に夏の雨を隠しました。カラースキームが変更されました。

花壇の色とりどりの装飾にもかかわらず、最初のキャンバスは少し暗いです。 2番目は明るく輝いています。風景は変わりました-それはよりリラックスした、たくさんの木々になりました。白樺と低木のための場所がありました。ここの虹は暗い雲の背景ではなく、明るい雲の背景です。

ちなみに、描画のスタイルが少し変わっています。最初のキャンバスでは、すべてがより詳細に描かれていましたが、2番目のキャンバスでは、何とかしてより細かく、細部にこだわっていませんでした。





バッカナリア・ルーベンス