絵画

クロード・モネの絵画「オランダのチューリップ」の説明

クロード・モネの絵画「オランダのチューリップ」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

クロードモネの絵画「オランダのチューリップ」は、フランスの印象派の天才が1871年にオランダ、またはチューリップの国と呼ばれるようになった直後に描かれました。フランスの作家は、素晴らしい国が持つすべての美しさを見て、これを彼の素晴らしい作品に反映せざるを得ませんでした。

結果はまた別の傑作でした。オランダを象徴する作品自体は1872年に完成しました。モネは特徴的な印象派のスタイルで、そのような絵を1つではなくいくつか描いたが、「ルーアンの大聖堂」シリーズとは異なり、変化したのは時間ではなく、作品が行われた視点でした。

すべての絵画では、フィールド全体がマルチカラーの大きなチューリップの毛布で覆われています。また、1つまたは2つの製粉所、およびオランダの村の典型的な家がキャンバスに表示されます。キャンバスはオランダの典型的なすべてのもの、まずは国の象徴でもあるチューリップと製粉所の果てしない川を描いているため、この作品は象徴的なジャンルで作成されました。

写真のさまざまな色の多様性は、多数のチューリップ種だけでなく、自然の多様性も示しています。このような風景が人の前に現れるとき、著者はこの忘れられない一見の感覚を伝えようとします。

モネはこの作品の執筆に本質的な真剣さ、責任感、熱意をもって取り組みましたが、これはさまざまな角度から絵を描くときに行われた大量の作品によって確認されています。

絵を描く前に、アーティストがこの問題の内部から侵入しようとして、フィールド全体を2回以上巡ったことは間違いありません。フランスの作者は、彼自身の理解と働き過ぎの助けを借りて、最新のテクノロジーを使用して、将来行われることを捉えようとしています。





マレーヴィチブラックサークル


ビデオを見る: ルーブル美術館作品解説17世紀オランダ絵画 現地プロガイドによる ガイド実況中継フランスポスト (七月 2022).


コメント:

  1. Zulkigar

    驚きです!

  2. Jaeden

    私は実際にそれが好きではありませんでした)

  3. Necuametl

    間違いがあると思います。議論する必要があります。午後に私に手紙を書いてください、話してください。

  4. Nikokus

    私の意見では、あなたは正しくありません。安心です。私はそれを証明することができます。 PMで私に手紙を書いてください、私たちは連絡します。

  5. Winfrith

    これは優れたバリアントです



メッセージを書く