絵画

ピータールーベンスの絵画「キリストの追悼」の説明

ピータールーベンスの絵画「キリストの追悼」の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

オランダ出身の華麗な画家は、他に類を見ないほど、バロック時代のヨーロッパにおける絵画の躍動感と官能性を体現していました。彼の創造的な遺産は、ブリューゲルのリアリズムの法則とベネチアンスクールの業績を体現しています。

宗教的な主題と神話のモチーフの人気にもかかわらず、画家は風景と肖像画の巨匠でした。彼は前任者の1人を模倣することをためらうことなく、有名なマスターの個々の要素を使用して作品を作成しました。アーティストとしての彼の形成は、ティツィアーノとブリューゲルの作品に影響されました。

彼の絵画の際立った特徴は、構成的な解決策、使用される豊富な色とその色合いです。しかし、間違いなくルーベンスの作品が人間の身振りであることを認識することができる最も重要なニュアンス。それらは常に驚くほど現実的で、ルーベンスの個々の芸術的なスタイルで正確に書かれています。

勇気と自由はルーベンスのストロークで囲まれています。彼は、特にマルチメーターの作品を書く際にアーティストを区別するブラシを所有する技術を所有していました。

ルーベンスはイタリア滞在中にこの絵を書いた。写真では、彼はイエスに対する聖母マリアの叫びと墓での彼の立場を組み合わせました。キリストの動かない体はすでに重く、頭は横に傾いていました。彼はアリマタヤのヨセフ、伝道者ヨハネ、マグダラのマリアに囲まれていました。非常に現実的な、アーティストは彼らの深い経験を伝えました。タイトなステージングは​​、写真に緊張をもたらします。これはバロック文化の特徴です。

作品の配色は非常に細かく、自然に人間の肉を表現しています。荒れ模様の空と前景のみの照明により、激しい不安感と、同時にこのプロットの標高があります。

一般に、画像は図像として機能します。





ソビエトポスターは話しません


ビデオを見る: 自宅で楽しむ美術館天地創造バーチャルツアーで行くバチカン博物館 (八月 2022).