絵画

コンスタンティン・マコフスキーの絵画「静物」の解説

コンスタンティン・マコフスキーの絵画「静物」の解説


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

コンスタンティン・エゴロビッチ・マコフスキーはかなり多様なアーティストであり、彼の独自のスタイルを持ち、彼の作品の専門家や崇拝者に認められています。この写真は「静物」という名で、主人公が自分に特徴のないジャンル、いわゆる「ピュア」を使う傾向がある。

暗い背景に直接明るい色と明るい色のイメージが17世紀のオランダの芸術家によってしばしば演じられたことは注目に値します。したがって、長い間、そのような絵画は、区画の正しい構成と色のレイアウトの標準および役割モデルでした。キャンバスは鮮やかな印象を残します。花瓶から溢れ出て、テーブルの上に落ちる色の暴動と豊富な花は、富を表すことができます。

一般的に、静物画は完成しており、かなり高品質です。花瓶の上でキラキラと光るほんのわずかなグレア、非常に対照的な光と影の遊びに気づくでしょう。特に興味深いのは、マスターが花瓶のガラスを通して見た光の屈折と画像の歪みを正確かつ現実的に伝えることができたことです。

一方、他の静物画と同様に、学問的な性質と正しい絵画にもかかわらず、それにもかかわらず、バイアスが自然に偏っていることは注目に値します。それは大げさではなく、逆に、芸術家がなんとかして花を捕らえた瞬間があまりにも自然であり、彼の息から、シダのシートまたは花からの花びらが羽ばたきそうであることを恐れて、彼らが写真の近くで長時間凍ることを許しました。

テーブルは茶色のテーブルクロスで覆われており、この色はアーティストが偶然選択したものではないようです。照明の弱さのためにかなり暗い色調を使用する必要がある場所でも、コントラストを完全に補い、いわゆる水平線を完全にマークします。





サブラソフ冬


ビデオを見る: Heather Barnett: What humans can learn from semi-intelligent slime (かもしれません 2022).


コメント:

  1. Faujind

    それは賛成です、この考えは正確に意図的でなければなりません

  2. Zologore

    私はあなたが間違っていると信じています。私は確信しています。私はそれを証明することができます。

  3. Daphnis

    申し訳ありませんが、私の意見では、あなたは正しくありません。私はそれを証明することができます。

  4. Marg

    私は確信しています、それはすでに議論されたものです。



メッセージを書く