絵画

アレクセイコンドラティエビッチサブラソフ「スラグ」による絵画の説明

アレクセイコンドラティエビッチサブラソフ「スラグ」による絵画の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

自然に近いポクロフスコエ=レイヨンの村でのアレクセイコンドラティエビッチサブラソフの生活は、特に、環境の外見で起こっている変化を考えることを可能にしました。絵画Rasputitsaは、マスターのプロ意識の素晴らしさ、トーンと照明の彼の感情を示しています。春の気分と壮大な変化を感じながら、作品に描かれた田舎の日常風景が満たされている。

村の初期に存在していたすべてのものは、ほぼ日当たりの良い色によって変容することが判明しました。 「Rasputitsa」の作品は、統一された景観技法と一致する濃いターコイズブルーのペイントが優勢であり、雪がすでに溶けている道路の自由な眺めを示唆しています。雪はどこにでも見えます。小屋の近く、白樺の森、そして家に向かう途中です。豊富な灰色がかった色は、暖かく、まだ冬の日であることを証明しています。霧の濃い青みがかったベールに覆われている森の端を研究することは難しくないようです。

ほっそりした白樺を描いた繊細な技法。アーティストのスタイルは彼の作品の開花によって決まります。画像に含まれるすべての画像は、画像の空間の構築に積極的に関与しています。絵の媒体を探すことは、この仕事で自然の生きている特徴を認識したいというサブラソフの欲望を知るのに役立ちます。多くの人にとって、この謎は科学的研究の範囲外にとどまっています。 「スラグ」-自然の自由と美しさを訪れることができるユニークな作品。

Alexei Kondratievich Savrasovの作品には、薄明の純粋さが宿っています。 50年代の風景画家は、日暮れの正確さをはっきりと表現し、自然はすべての目に見えない美しさで鑑賞者の目の前になりました。ロシアの画家は、まるでまるで自然と関わっていたかのように、自然を感じました。風景の専門家は、アーティストの絵画を自然と人間の一体的な現象として評価しました。





農民マレーヴィチの頭


ビデオを見る: フェルメールの絵画芸術について解説画家のアトリエ絵画の寓意ともよばれる本作品には謎がいっぱい詰まってます (八月 2022).