絵画

アンソニーヴァンダイクの絵画「マリールイーズドゥタシス」の説明

アンソニーヴァンダイクの絵画「マリールイーズドゥタシス」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ヴァンディックは肖像画を描く傾向があり、特に彼は貴族や高官だけの肖像画を描くのが大好きでした。マリア・ルイーズ・デ・タシスの肖像画は完璧の頂点です。現在、ヨーロッパ全体で、この特定の女性の肖像画は最も有名で人気があります。直接ポートレート自体に目を向けると、マスターが衣装、ジュエリー、その他の細部を規定するフィリグリーを正しく評価することができます。

絵をじっくり見ると、肖像画のユニークさと複雑さにもかかわらず、画家のストロークは非常に自由でダイナミックであり、絵は幅が広くても自由なままです。そのような複雑なテクニックのおかげで、コンセプトはシンプルですが、アーティストは、内面の世界、感情的な状態、ポートレートの体験を正確に伝えています。キャンバスは活気に満ちており、色の暴動から輝くだけです。

マリー・ルイーズのシンプルなポーズにもかかわらず、彼女のすべての視線と彼女の高貴なルーツに印象的なルックスが見え、他の誰よりも少し高く見えるようにしています。どうやら、肖像画は自然から描かれたもので、アーティストは色と影の遊びを完璧に伝えています。特にペンの書き方や文字通り写真に写っている衣服の要素に注目したいのは、ほんのわずかなニュアンスや細部まで考慮できるためです。

この綴りのおかげで、肖像画は特に活発に見えます。芸術家が上流社会の人々の肖像画を描くようにとの命令を受けたことは驚くに値しません。シックな服が描かれているにもかかわらず、彼女は絶妙なジュエリーに飽きず、2つの十字架とビーズで十分です。結局のところ、この属はすでに非常に有名なので、特に強調する必要はありません;マスターまたは描かれた人物がそう決定したかどうかは不明です。





ヴァスネツォフカエルの王女


ビデオを見る: Hiroaki Kato feat. Noe Letto - Ruang Rindu Piano Cover. 加藤 ひろあきルアンリンドゥピアノ (十一月 2022).