絵画

ミハイル・アレクサンドロヴィッチ・ヴルベル「モーニング」の絵の説明

ミハイル・アレクサンドロヴィッチ・ヴルベル「モーニング」の絵の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

芸術愛好家は、ミハイルアレクサンドロビッチヴルベルを絵画の神秘的な天才と呼んでいます。なぜそのような意見ですか?すべての作品をジャンル別に分析すると、それぞれの作品で、現実には存在しない矛盾するものがわかります。ミハイル・アレクサンドロヴィッチは彼の考えを非常に信頼していたので、写真の最も現実的な計画でさえ、人には知られていない何かに変わった。これは、アーティストが過度の発明者だったと言っているわけではありませんが、それでも彼の作品の一部の視聴者を困惑させました。

名作「モーニング」は、自然と人を融合させたジャンルです。作品は大きなキャンバスに油彩で描かれています。画像のテクニックは微妙でユニークです。1つの画像に気を取られることはありませんが、すぐに木の中にいくつかの顔が見えます。写真を見ると、人は人魚を擬人化する性質を見ることができます。落葉枝の神経叢、厚い草、女の子のイメージを隠したかのよう。どうやら彼女は緑から生まれ変わり、空に手を伸ばしています。植物のパターンはドレスの装飾を作成し、上昇する光のすべての炎を反映します。

コントラストの存在は、静的なトーンの動きへのスムーズな移行を示します-これは、目覚めの瞬間、つまり、休息から魂の復活までを表しています。パネルの数字は、愛と絶望を同時に表現しています。青と緑の色合いの絵に優勢な色、調性はミハイル・アレクサンドロヴィッチの穏やかさを安定させます。

パネルは、寓意的なイメージによって表される善と悪の闘争を表現しています。あいまいで包括的な色は、視聴者にヴルベルの感情の穏やかで冷たい音を与えます。謎と優位性は、アーティストの重要な基盤です。

芸術の最高峰を目指すミハイルアレクサンドロヴィッチヴルベルは、絵画愛好家に、実世界と妖精の世界の心地よい感覚を同時に提供しました。





Diskobol Miron


ビデオを見る: 年前のロシア (八月 2022).