絵画

アイザック・イリイチ・レヴィタンの「アイザック・デー」の描写

アイザック・イリイチ・レヴィタンの「アイザック・デー」の描写



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1890

素晴らしい暖かい夏の日を描いた風景は、キャンバスに油彩で描かれています。著者はフランスの印象派の絵画に非常に興味を持っていたので、これは彼自身の作品には反映されませんでした。 「6月の日」も例外ではありません。しかし、風景の印象派とともに、作者自身の気分や作曲構成を感じることができます。風景と自然の愛好家としての彼自身の本質。

絵は地平線上の森の帯を描写し、さまざまな色合いの豊かで明るく飽和した緑の色調で描写されています。近くには、大きなクローズアップのいくつかの木があります。それらのそれぞれに、暖かい夏の風の打撃の下で揺れるように見える緑豊かな王冠が慎重に描かれています。手前には、色とりどりの花が咲くトップのある、ジューシーな芝生の緑があります。ここではピンク、ブルー、バーガンディ、ホワイト、イエロー、そしてやさしいライラックの小さな花が、ハーブの濃いグリーンのカーペットと有機的に組み合わされています。この風景を見て、原生の自然と果てしない野原の中で、そのクリアーの中にいたいのです。

写真のもう1つの強調点は、高く立った豊かで柔らかな耳を持つ、圧縮されていないトウモロコシ畑の端です。野原と木々のある草原の境界が非常にはっきりと構造的に示されています。耳は、他のすべての細部とは色が異なる非常に密な茂みと茂みによって示されます。ライトグリーン、非常に繊細で、手を求めるようにトップが暗くなります。トウモロコシの穂がさまざまな方向に傾いていることからもわかるように、トウモロコシ畑全体がそよ風から震えているようです。

空は非常に澄んでおり、明るい色からほとんど青い色まで、青色の色調のパレットで描かれています。単一の軽い雲が、天の金庫室の魅力を有機的に補完します。

写真の全体的な外観は、前向きな感情、軽さ、前向きな態度を呼び起こします。一年中いつでも夏の本物。





説明写真2月モスクワ地域