絵画

ポールセザンヌの絵画「果物のある静物」の説明

ポールセザンヌの絵画「果物のある静物」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ポールセザンヌは、熟練した肖像画家であるだけでなく、静物画の芸術にも大きな影響を与えました。彼の写真では、果物はおもちゃのような偽物に見えます。視聴者は、リンゴのポーズを確認します。花瓶が何でできているかは不明です:ガラスまたはクリスタル。アーティストの人生の中で、絵画の目的は、変化する自然のプロセスを捉えることでした。

記述されたものの自然さと現実は重要ではありませんでした。そのため、日中に変化する風景が選ばれました。

彼らの作品の色は、純粋で明るい色を選びました。暗い色はネガティブと見なされ、人々にとっては圧倒的でした。アーティストは、アートを通じて物事の科学的な側面を伝えようとしました。異なる角度から考えると、瞑想者の世界への関心を刺激するのは、肉体と精神の組み合わせです。

セザンヌは、キャンバスの狭い枠組みの中で世界を再現するという任務を自ら設定しました。自然の中で、すべてのオブジェクトは生きています-石、土、水。これはすべて生きて呼吸します。写真のプロットでも同じことが起こります。ストロークの動きは、キャンバスに生命を吹き込みます。世界のリアリズムに対するこのような珍しい見方は、多くの意欲的なアーティストに大胆な実験を繰り返しさせました。

写真にあるオブジェクトは同じ密度であるように見えますが、これは不思議ではありません。そのような決定は論理的であり、死んだ性質ではなく生きている性質の象徴性を維持します。静物画の構成と視点により、キャンバスをさまざまな側面から見ることができ、独自の特別なアプローチをとることができます。

配色は暗い色合いから明るい色調にスムーズに移行し、右から咲き、左からフェードする準備をしている周期的な生命の印象を与えます。白い花だけが光の到達を助けます。鮮やかな色合いは楽しい雰囲気を作り出し、絵の楽しい印象を残します。適用された色合いが使いにくいことを考えると、それはバランスが取れて調和しています。





マレーヴィチカジミールアートワークス


ビデオを見る: 国立西洋美術館 ギャラリートーククロードモネ睡蓮 (七月 2022).


コメント:

  1. Votaxe

    その中で何かがあります。情報をありがとう。

  2. Drudwyn

    それは予備にすぎません



メッセージを書く