絵画

コンスタンティン・マコフスキーの絵画「通路を下る」の説明

コンスタンティン・マコフスキーの絵画「通路を下る」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

マコフスキーは常に人々の衣装、すなわち王子貴族に夢中になっていた。

15〜17世紀の女性の服装。とても明るくなった。上にあるシャツはいつも明るい生地で作られていました。このようなシャツの袖は、特別な注意を払って装飾されている必要があります。そのようなすでに明るいシャツの上に、床にドレスを着ることも必要でした。別の首輪も特に関係があったので、絹や真珠で刺繍することができました。 「途中」の頭飾りに関しては、オプションはありません-ココシニック。

ヘッドピースも特別な注意を払って覆われました。衣服の豊かさに関しては、それらはアーティストマコフスキーのほとんどの作品に完全に表示され、「ダウンザライン」は彼女の鮮やかな表現です。

「Down the Crown」自体については、アーティストは視聴者の目を特に最前線に向けました。これは、衣服のわずかなニュアンスさえ見分ける機会を提供します。

私たちの前には、次の結婚のすべての考えに没頭している花嫁、彼女をとかし、そして今この瞬間にいる女の子は、彼女の考えについて質問します。腕を組んで、袖の上にある豪華な刺繍を露出させた少女たち。この写真では、そのような2つの異なるかつては近い人生の交差点を見ることができます。1つは少女時代で、もう1つは結婚です。

手を縛った女の子の袖の刺繍を薄く演じます。また、この写真の3番目の主人公は花嫁の髪をとかし、結婚後の人生として表現できます。彼女は自信を持って経験豊富な女性で、家事、家事、子育てに十分な経験があります。





ヴァンゴッホアーモンド店


ビデオを見る: ゴヤの黒い絵を解説後編 (十一月 2022).