絵画

絵の説明サンドロボッティチェリ「キリストの喪。ピエタ」

絵の説明サンドロボッティチェリ「キリストの喪。ピエタ」


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ヴェネツィアの絵画は常に宗教志向によって区別されてきました。サンドロボッティチェリは、神の世界と彼の創造物を現実的に示したアーティストの1人です。マスターの絵画では、初期のルネサンスがハイの時代に大きく変化しました。油絵の具が積極的に使用され、絵の色がより飽和します。柔らかな色彩が形の輪郭を洗練された形にします。

「キリストの喪」という作品は、まず現実の内面ではなく、気分を伝えます。ゴスペルのエピソードは、キャラクターの感情を独自に伝えます。救い主の顔には、苦しみと悲しみの印が付いています。小さな数字は深い悲しみを示していますが、それは写真では非常に抑制されています。女性と使徒は苦しめられたキリストのからだに頭を下げます。いばらの冠を手に描いたジョセフ-ピラトから遺体を取り出した。

シュラウドに包まれた救世主は生気を失っていますが、見る人の考えでは、彼は眠っているようです。作品は聖人のムードを伝え、目に見えない力がこの恐ろしい瞬間に共感させます。結局のところ、救い主はすべての人々に善を望み、苦痛の死を宣告されました。キリスト教のシーンの数字はなぜ理解できないのですか?殺人は罪です。作品は、抑圧された雰囲気を与える透明な鈍い色調で飽和しています。とても悲しみ、それは本当です。

サンドロボッティチェリは、宗教的シーンを表現する彼の芸術を質的に示しています。彼の作品を他のものと比較しないでください。内部の経験の輝きが染み込んだシーンが撮られるからです。スケッチの煩わしさはありませんが、それは視聴者の官能性とエネルギーの絵に追加されます。イタリアのマスターは男性に彼の人生とより高い力への態度を考えさせました。この問題の関連性は今日まで残っています。生と死の選択は答えを見つけません。





スカイバトルレーリッヒ


ビデオを見る: 映画ブリューゲルの動く絵予告編 (七月 2022).


コメント:

  1. Tigris

    Wonderful, helpful post

  2. Malami

    あなたの代わりに、私はこのフォーラムのユーザーに援助を求めたでしょう。

  3. Tojaramar

    はい、あなたは才能のある人です

  4. Malvin

    Weak consolation!

  5. Goltikus

    同意する、非常に面白い意見



メッセージを書く