絵画

イヴァンアイバゾフスキーの絵画「北極海の嵐」の説明

イヴァンアイバゾフスキーの絵画「北極海の嵐」の説明


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1864年に書かれた「イタリアの霧のかかった朝」という独特の反意があることは、誰もが知っているとは限りません。アーティストはこれらのキャンバスを比較するために会話を愛し、2つの基本的なポイント、風景の2つの根本的に異なるムードを対照的にしました。

「氷海の嵐」のAivazovskyは、風景をよりリアルに見せるために、通常の配色を変更します。青ではなく海が暗いエメラルドの色合いを作り始めます。彼は、アイバゾフスキーの絵画でよくあるように、水面とほとんど融合している空のリードカラーにエコーされます。もう少しそうです-そして北極海の冷たい息を感じるでしょう!そして、穏やかなピンク色の太陽で描かれた、イタリアの暖かい海のコントラストはなんと対照的でしょう。

それとは別に、写真のプロットについて考えてみましょう。それは荒れ狂う海(17世紀のオランダの芸術家が何とかして対処した人気のあるトピック)だけでなく、人間の救いも描いています。これは絵画の歴史ではかなりまれなケースです。それ以前は、難破船を描いていた芸術家は、災害の恐ろしい結果に焦点を当てようとしていたのです。

アイバゾフスキーは、人間と水の要素との闘いを描いた最初の人物の1人であり、それによって海洋画家の主題の武器を大幅に拡大しました。アーティストのすべてのさらなる創造的作業は、何らかの方法で、提起された問題を解決しようとします-もちろん、ボートに乗っている大胆不敵な人に有利です。そして、すでに北極海のテンペストにいるアーティストは、絵を第9波の恐ろしい色調に耐えたいという彼の願いにもかかわらず、重い雲の中から太陽の光線が垣間見え始めるという形で、救いの命を吹き込みました。





ラファエルシスティーナマドンナ


ビデオを見る: 基礎スキーアルペンスキー部の先輩からもらったレース用の板を年間使った結果 (十一月 2022).