絵画

イヴァンアイバゾフスキーの絵画「夜の海の嵐」の説明

イヴァンアイバゾフスキーの絵画「夜の海の嵐」の説明



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

すべての州の海は、イヴァンコンスタンティノビッチアイバゾフスキーの絵画のメインテーマです。彼の傑作の1つは、間違いなく、1848年にアーティストによって描かれた「夜の海の嵐」です。

写真の構図は、イヴァン・アイバゾフスキーの作品でかなりおなじみです。夜、荒れ狂う海、そして荒れ狂う要素と戦う孤独な船。そして、雲の内腔に現れた月だけが、無関心で何が起こっているのかを見ています。しかし、人はこの闘争で勝利を収めるでしょう。

アイバゾフスキーによる他のほとんどの絵画と同様に、海は静けさを感じさせません。動く、激怒する、生きている。これは、Ivan Aivazovskyの最大の才能です。荒れ狂う要素のダイナミクス全体をわずかな色合いで伝え、各波、各泡状ブレーカーの現実感を作り出します。荒れ狂う水に映る月明かりがキャンバスにさらに自然を与え、海の要素の驚くべきダイナミクスを強調します。視聴者は文字通り、弾性の気流と海の波のしぶきを感じます...

絵は暗い色で描かれ、中央にのみ、月の明るい点とそれによって照らされた波が、絵全体の内側の輝きのような錯覚を生み出しています。このキャンバスの各要素の印象的な象徴性を伝えるのは配色です。片側に傾いた暗い船は、中心からやや離れて、影の中に移動しました。人力のさまざまな要素との彼のチームの闘争の深刻さを明確に示しています。

同時に、写真の中央にある月光は、救いの希望と嵐が終わろうとしていること、そして最後の打撃に耐えるだけでよいという信念を伝えています。アーティストが温かみのある色を使用することで、自然に対する人間の勝利にさらに大きな自信が生まれます。





ダンス・イン・ルノワール


ビデオを見る: ボッティチェリの生涯ビーナス誕生や地獄全図も丁寧に解説 (八月 2022).