絵画

エデュアルド・マネの絵画「フルート奏者」の解説

エデュアルド・マネの絵画「フルート奏者」の解説



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

絵は1866年に描かれました。ここの詩と厳格さは、1つの不溶性の全体に結合されます。普通の男の子が見えます。彼は特別な即時性と意図的な重要性を持つ子供です。彼は赤いズボンと青い制服を着ています。

洋服は2色でシャープなコントラストを演出。マネはさまざまな衣装の詳細に非常に興味を持っていました。そのため、多くの珍しい衣装のキャラクターが彼の多くの絵画に登場しています。アーティスト自身も着替えを好んだ。この子はどれほど魅力的か。マネの絵は信じられないほど魅力的です。色はとてもシンプルなので信じられないほどの調和が生まれます。その少年の姿は信じられないほどシンプルに見えます。絵の主人公を取り巻く環境はとても神秘的です。背景はほぼ無地で、地平線はまったく感じられません。背景は単に蒸発し、少年の姿は見えないベールに囲まれています。全体の雰囲気は、通常の現実に左右されないものから作成されますが、本当の絵画とその信じられないほどの詩が生まれるのは、この中でです。マネは日本の版画風に絵を描いた。それらの特異性は、数字が非常に明確なシルエットを持ち、周囲の状況全体がほんの少しだけ概説されており、推測することしかできないという事実に正確に含まれていました。この作品の背景は完全にフラットであり、ここでは二次的な性質の詳細は重要ではありません。 1866のサロンは、アーティストのこの作品を断固として拒否しました。必要なボリュームと空気が足りず、完全に遠近感もなかったためです。批評家たちはフルート奏者の少年をジャックと呼び、それはかろうじて推測された壁に固定されているようだった。アーティストは彼が特別に提唱したオーケストラからの非常にリアルなフルート奏者を描きました。マネの少年の顔は息子から書いたと考えられています。





パラダイス・マザッチョからの追放


ビデオを見る: 札幌東京コラボフルート奏者立花雅和さんと概要欄読んでね (八月 2022).