絵画

サンドロボッティチェリの絵画「マギの崇拝」の描写

サンドロボッティチェリの絵画「マギの崇拝」の描写


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

聖書のプロットは常に隠された意味と秘密の性格を持っていました。したがって、ルネッサンスでは、彼らは多くのアーティストに興味を持っていました。その中に、ボッティチェリ、レオナルドダヴィンチなどのいくつかの人気のある名前があります。彼らは聖書に記述されている最も有名な出来事から作曲を始めました。しかし、この写真では、主な演技のキャラクターは、聖母マリアから生まれた赤ん坊キリストを精力的に崇拝する賢者です。彼と出会う人々の数の中で、まったく異なる職業や立場の人々。銀行家や他の多くの人がいるので、すべてが相続人の力に大きな力があることを示唆しています。

さらに、マドンナの母親が赤ん坊をどれほど注意深く保護しているのか、遺跡と防風林の中で腕を組んで誇らしげに座っています。ここには、古いものが私たちの後ろにあり、すべての新しいものが私たちの前に開かれていることを私たちに告げる特定の意味があり、人々はこれをすべて受け入れる必要があります。しかし、人々が混雑していたのは偶然ではなく、ほとんどすべてのメディチ家は新生児の前に頭を下げています。他の貴族の一部のメンバーはこの現象に警戒しています。詩人、芸術家、作家、思想家、さらにはボッティチェッリ自身さえもこのキャンバスに描かれています。結局のところ、これは実際に描かれた絵の中で自分自身を描くことができるという伝統の1つでした。

メディチ家が世界で有名なマジの同胞団のフィレンツェで最初の創設者であったことも興味深いです。誰もが入場できるわけではないことが知られていますが、これは理由があって行われました。これらすべてにより、国民全体のためにこれを行う行列を構成することが可能になりました。

鮮やかな色は、お祝いのダイナミクスを完全に伝えることができます。したがって、そのような聖書の出来事を説明なしに残すことは不可能でした。なぜなら、これらすべては当時、今日に関連していたからです。





休暇で到着


ビデオを見る: 初期ルネサンスの巨匠サンドロボッティチェッリSandro Botticelliの絵画 (十一月 2022).