絵画

イヴァン・アイバゾフスキーの絵「嵐」の解説

イヴァン・アイバゾフスキーの絵「嵐」の解説



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イヴァンコンスタンティノビッチアイバゾフスキーは生涯を通じて、海に情熱を燃やし、海洋をテーマにした絵画を描き、世界的に有名になり、キャンバスに海の風景を才能豊かにユニークに反映したアーティストとして何世紀にもわたって残りました。芸術家は、海の要素の生きている本質と崇拝の本質を知るために、彼が最も奥の深いところまで侵入することを可能にするいくつかの大きな謎に気付いていたようです。

アイバゾフスキーの有名な認識可能なキャンバス「夜の海の嵐」は、それに近づくことができて幸運であるすべての人に無関心を残すことはありません。荒れ狂う要素の生き生きと刺激的で情熱的で生命を肯定する力は、写真のプロットへの視聴者の関与の幻想を生み出します。色と光の色合いの驚くべき組み合わせ、エネルギーと表現の究極の集中は、絵画と音楽の驚くべき共生を生み出します。

アイバゾフスキーの絵画は、生き、呼吸し、響き、周囲の空間を素晴らしく恐怖で満たします。動いている海の波をのぞくと、野生の獣の声のように、遠くにくぐもった、しかし明白な轟音が聞こえます。

絵を通してアイバゾフスキーは、攻撃の前に、人が小さな悲惨な船であり、いつでも海の底に行く準備ができている力と必然性によって、自然現象の素晴らしさに賛美歌を作成します。しかし、名誉をもって彼らから出された乗り越えられない試練にもかかわらず、男は素晴らしいです。沈没船は写真では無敗のままです。

人と自然とのこの劇的な戦いは、街灯のように嵐によって引き裂かれた雲の間に現れた満月によって、天の高さから観察されます。月光は全体として色とドラマを画像に追加し、暗い夜の嵐のパレットを異常な輝きで満たします。





ユダのジョットのキスの絵


ビデオを見る: 謎解き絵が下手なメンバーが地図を描いて渡したら辿り着ける (八月 2022).